フローレンス海田プレステージ

2020年04月30日

DSC_6930


  大きな地震が来るかもしれないと全く気にしない人は少ないのではないでしょうか。ましてや自分が買って住むことになるマンションは大地震に対してどうなのかと興味を持つのが普通でしょう。

 フローレンス海田プレステージは支持基盤に杭を打ち、その状況を画像で記録。各所の杭打ちデータと共に事業主が保管します。杭が届いていなかったという問題がかつて社会問題になりましたが、フローレンス海田プレステージではそんな不安のないよう画像とデータを取って保管するわけです。

 住む人が安心して暮らせる仕組みを提供するのも広島を代表するマンションデベロッパーの責務と言えます。

 とはいえ、水や食料などの備蓄は各世帯で進めておきたいものです。章栄不動産ができることは章栄不動産が、各世帯ができることは各世帯で、備えあれば憂いなし、です。


 資料ご請求やマンションギャラリご予約はこちら → フローレンス海田プレステージ


suwasa at 12:19│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー