2018年02月

フローレンス宇品神田プレステージ

2018年02月21日

P1180674

 先日テレビでやっていたのですが、関東圏では駅から1.5キロ以内は不動産の価格が高く、1.5キロ以外は安いそうです。1.5キロがターニングポイントなのですね。これがそのまま広島に当てはまるわけではありませんが、参考になるのは間違いありません。交通機関の駅が近いと不動産の価値が高いのは考えてみれば当たり前です。

 毎日の通勤や通学で交通機関を利用する人にとって駅と自宅の往復は毎日のことです。雨の日も暑い夏の日も雪が降る寒い日も駅と自宅を往復しなければならないわけです。雨でぐじゃぐじゃの道を革靴を履いて歩きたくないですよね。でも仕事だから長靴で行くわけにはいかない。となれば、駅と自宅の距離が近い方がいい。雪の日もそうでしょう。

 そんなふうに見ると、フローレンス宇品神田はとても便利です。電停までどれだけ近いか。マンション購入の前に現地を見るのは当たり前ですので、ぜひご確認ください。


 資料ご請求やマンションギャラリーご予約はこちら → フローレンス宇品神田プレステージ


suwasa at 16:28|Permalinkコメント(0)

建設始まるフローレンス長束ブライトレジデンス

2018年02月06日

P1180724

 安佐南区長束でフローレンス長束ブライトレジデンスの建設が始まりました。資材の搬入などを細やかな目配りの下でやっています。目の前の道路は幅が狭いですし、JRの踏み切りがありますし、長束郵便局辺りの道路も混雑していますから、慎重に慎重に、です。

 周囲への配慮をしながらの建設ですが、基本は同じ。基礎杭の打ち込みから始まります。支持基盤がある22メートル下まで届くよう打ち込むのです。

 首都直下型地震や南海トラフ巨大地震は広島には直接関係ないようにも思われますが、揺れるのは間違いありません。

 基礎杭と聞くと、支持基盤まで届いていなかったりしたマンションが問題になったことがあります。章栄不動産では、サイトに記しているように「杭の打設状況を画像で記録し、各所の杭打ちデータと共に事業主が保管する」という施工システムを採用しています。これなら安心ですね。


 資料ご請求やマンションギャラリーご予約はこちら → フローレンス長束ブライトレジデンス



suwasa at 14:34|Permalinkコメント(0)
カテゴリー